くずまきジェラート クローバー畑

岩手県葛巻町の本格ジェラート・酪農に従事する女性がつくるジェラートのお店です。

【営業日】木・金・土・日・月(祝日の場合)
【営業時間】10:30-16:30

TEL:0195-68-7571/FAX:0195-68-7572
岩手県岩手郡葛巻町葛巻6-11-3

今日のお客様

「寒い冬も楽しみです!」

ある日のお客様の一言です。

リピーターのその彼は、味噌のジェラートが大のお気に入りです。

「味噌」は旬の素材が収穫できない冬の定番フレーバーです。そのお客様は確か、以前味噌が店頭にない時は「味噌はいつ頃からでますか」とお聞きになりました。そしてシーズンの終わり頃には「味噌はいつまででますか?」と今度はお聞きになりました。

冬にはその他「甘酒」「小豆」「アップルパイ」などのフレーバーが並びます。でも寒さも厳しく道路事情も悪くなります。

彼はそんな会話の後に「でも冬は味噌のジェラートを食べれるので楽しみです!」と・・・・そんな思いで私達の味噌のジェラートを待っていてくれるなんて。

大感激の一言でした。

 

味噌フレーバーが大のお気に入り‼

昨年の秋口に一人の男性が来店しました。

「お味噌はいつから出ますか?」とお尋ねになりました。「お味噌は基本冬のフレーバーです。収穫物がない冬にお出ししています。」

先日しばらくぶりに彼にお会いしました。もちろん味噌のご注文。「もう何回かお味噌お食べになりましたか?」「3~4回食べました。冬しか食べられないし、ここでしかたべられないので。」なんと嬉しいお言葉!

「それは良かったです。」すると今度は彼が「いつまで味噌はありますか?知人に是非食べさせたいので」と・・・・

「来月中はお出しします。ぜひどうぞ!」こんなに気に入ってくださるなんて本当に嬉しいです。

作り甲斐があるというものです。

それぞれのお気に入り

さわやかな秋の陽気に誘われて多くのお客様がご来店。

「カボチャはまだですか?」「かぼちゃお好きですか?」と私「ここのかぼちゃ大好きです!」とお客様

なんとうれしいお言葉。かと思えば「ルバーブはないの?」とか「お味噌はないんですか?」・・・・などなど

お客様それぞれお気に入りがあって、お声をかけてくださりとてもうれしいです。

お店も5年目に入りました。少しは皆様に認知されてきたのかな?

花壇のコスモスも満開!秋の陽ざしを浴びてとてもきれいです。

2017_0901_142853-DSCF3206

2017_0901_142941-DSCF3208

 

 

うれしいお話を紹介します。

先週の日曜日のことです。中年のご夫婦がご来店。「よもぎを食べに来ました。去年食べておいしかったので・・・・」と

そして奥様がシングル二個ご注文。するとつかさず「おれはダブルのよもぎ」と旦那様が注文の変更

「そしたら私も負けていられないからダブル」と奥様。結局よもぎのダブル二個のご注文

初めてのことなのでビックリしましたが、とてもうれしかったです。

大満足でお帰りになりました。また来年のお楽しみです。

よもぎ”のジェラートにこんなすばらしいファンがいるなんて感激です。

2016_0511_171717-DSCF2932

「チョコに何が合いますか?」

若い男性のお客様、ダブルをご注文「チョコに何が合いますか?」

「チョコとバニラ」「チョコとバナナ」「チョコと山ぶどう」「チョコとかぼちゃ」

「エーそんなにあるの?迷っちゃうな・・・・」そして、子供達の定番「チョコとバナナ」

「このバナナおいしい!!」と大満足でした。

広がる笑顔!

マイナス10度を下回る厳しい寒さの中お店へ。

広がる青空、降ったばかりの雪。空気は冷たく清々しく・・・・ 寒いけどこんな朝が私は好きです。

2017_0115_092141-DSCF3161

 

お客様の笑顔は、私達を元気にしてくれます。

ショーケースを見て「何にしようか迷っちゃう!」と笑顔

ジェラートを受け取る時「おいしそう!」と笑顔

そして一口食べて「おいしい!」とまた笑顔   たくさんの笑顔をありがとうございます。

枝豆のジェラート

今週の日曜日(9月9日)から“枝豆”を提供しています。

宮城県からおみえになった女性お二人のお客様。「枝豆を食べに来ました。」と最初に“枝豆のダブル”と“くるみ”を注文、その後“ダブル”をおかわり、そしてまたまた“枝豆のダブル”を注文「なかなか来れないので・・・」と

「お腹をこわさないように」と声をかけました。びっくりしました。

でもとても嬉しかったです。

枝豆のダブル

2016_1020_111759-DSCF3130

 

お店を飾る“ダリア” (メンバーの庭に咲いているもの)

 2016_1016_115941-DSCF3109

 

お客様との会話がはずみました。

新緑に囲まれて

2016_0522_112601-DSCF2955

 

5月の最終の営業日、今日もとっても良い天気!多くのお客様がおみえになりました。

女性のお客様「ここの“バナナのジェラート”はとってもおいしいですよね!お友達もそう言っていますよ。」

「ありがとうございます。もともとバナナと牛乳は相性が良いですよね。」と私

“おいしい”とのお客様からの評価は何よりもうれしいものです。

もう一組、お若いご夫婦「このジェラートを食べるために今日は来ました。」「どちらから?」

「盛岡です。」「わざわざありがとうございます。」

土曜日の夜、彼女が「明日ジェラートを食べに行こう」と・・・・彼が「葛巻の?」「そう!」と二人の意見が一致したそうです。

「ここの“クルミ”はとてもおいしいですよね!他にはないですよね。」「そうです!私達のオリジナルです。」と私

「とても力が入ってますね!」と笑いながらおっしゃっていました。

お客様との会話から元気を頂いた一日でした。

 

 

募金箱

大きな被害となった熊本地震、私達のお店でも“募金箱”を設置いたしました。

ゴールデンウイークのある日、男の子(小学生中学年かな)がお母さんと来られました。ジェラートを受け取る前に「お母さんちょっと待って」と言って何をするのかな?と見ていると「僕、募金する」と一円玉を数枚募金箱へ

「僕ありがとうね!」 彼のやさしい気持ちに胸が熱くなりました。僕の思い、必ず届けるからね・・・・・

2016_0507_100432-DSCF2909

 

北国の春、本番です。山口県から葛巻町に観光にいらしたご夫婦が感激していらっしゃいました。

「北国ではこんなにいっせいに花が咲くんですね!初めて見ました。」

そうなんです、これが“北国の春”。水芭蕉 かたくりの花 こぶし 山桜 れんぎょう 水仙 チューリップ 二輪草 等々

ちょっと遅れて今は、真っ白な雪柳、山裾には山吹がとてもきれいです。

2016_0507_101249-DSCF2915

耳のついた猫の座布団カバーほめられました。

今日(5月5日)は連休最終日、でもあいにくの天気です。

若い二人連れの女性達がお店でダブルのジャラートを食べながら、楽しそうに会話をはずませていました。

帰り際、「アッ猫の座布団カバー!耳がついてる、かわいい!」と・・・・「あらよく気付いてくれましたね。メンバーの手作りです。ありがとう!」 お客様からの初めての指摘、とってもうれしかったです。

続いてもう一人、リピーターの小さい子供を連れた家族連れ。お母さんが椅子に座りながら「アッこれかわいい!猫なんですね。」「そうです。猫の柄だったので耳をつけてみました。」と私、すごく喜んでくれました。

ちょうど制作者が工房で仕込みをしていたので紹介しました。「手作りの座布団カバー」 その思いは誰かに届くんですね!

2016_0423_092502-DSCF2859

 

初めての女性のお客様。ゆっくりと品定め

「このお店は酪農家の女性9名で起業しました。自分達が搾った牛乳で作っています。」と私。「エッ!すごいですね」

「うんでもいろいろたいへんです。」「でも私達消費者にとってうれしいことですね。」とお客様。

初めて聞く言葉にとてもうれしく思いました。私達農業者にとって大きな自信になります。