くずまきジェラート クローバー畑

岩手県葛巻町の本格ジェラート・酪農に従事する女性がつくるジェラートのお店です。

【営業日】木・金・土・日・月(祝日の場合)
【営業時間】10:30-16:30

TEL:0195-68-7571/FAX:0195-68-7572
岩手県岩手郡葛巻町葛巻6-11-3

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

イタリア旅行記 3 イタリアの食

日本人にも馴染みのあるイタリア料理を毎日食べてきました。そしてイタリア料理には“ワイン”!美味しかったな・・・・

ただ量が多くて最初のうちはかなり残してしまいました。本当に済まない事をしました。それで朝はなるべく食べないようにしたり、お昼はジェラートだけにしたりして後半は上手く調整ができました。

朝食も美味しい生ハム チーズ ヨーグルト 野菜の代わりにフルーツの盛り合わせ パン そして必ず美味しそうな甘いケーキ等々 ついつい食べ過ぎてしまいました。

イタリアの食事は野菜サラダ パスタ そして肉か魚のメインディッシュ デザート それに必ずパンのコース料理なので私達にとってはボリュウーム満点でしたが、イタリアの食を身をもって体験し勉強になりました。

ローマでのランチ 野菜サラダもボリュウーム満点 ピザもこの大きさです。

IMG_0087

IMG_0088

農家民泊でのデイナー 前菜のパスタ メインディッシュのイノシシ肉

IMG_0120

IMG_0121

ヴェネツィアの名物料理 イカ墨のパスタ

IMG_0153

ミラノ風リゾット(黄色はサフランの色です) ミラノ風カツレツ

IMG_0198

IMG_0200

デザートのテイラミスもこの大きさです。

IMG_0202

イタリア旅行記 2  本場のジェラートと農家民泊(アグリツーリズモ)

流石イタリアです。どこに行ってもジェラートのお店がたくさんあり、しかも種類が多く、又一つのフレーバーが入るケースも大きく山のように盛ってありました。それにもビックリしました。

ジェラート大会で世界一になったジェラートショップがフィレンツェ郊外のサンジミニャーノ(中世の街並みが残る村)にあるのでそこにも足を伸ばしました。30種類もフレーバーがありイタリア語もできないしどれを食べたらよいか迷いましたが、それぞれ選んで楽しんでいました。

私は以前お店にいらしたお客様が「イタリアに行くならぜひピスタチオを食べてきて!」とおっしゃっていたので、ピスタチオとベリー類をチョイスしました。余り甘くなく美味しかったです。後味も悪くなかったです。

でもこの味なら私達のジェラートもシンプルすぎるくらいシンプルだけど(イタリアのジェラートに比べて)悪くないなと思いました。

ヴェネツィアの小さなジェラートショップ。女性が一人で切り盛りしていました。

IMG_0183

フィレンツェのジェラートショップ

IMG_0136

サンジミニャーノの世界一のジェラートショップ

DSC_0013ジェラートショップが入った建物

DSC_0014

アグリツーリズモはフィレンツェ郊外からかなり山道を登ったガイオーレという所に泊まりました。オーナーは資産家で広い敷地にコテージが点在していてプール テニスコートなどがありたいへん立派なものでした。近郊の方々が勤めて畑も含め管理運営をしていました。見渡す限りのなだらかな丘には、ブドウ畑(ワイン用)とオリーブ畑が続いていました。自家製のワインを頂きました。

見渡す限りのブドウ畑とオリーブ。遠くに真っ直ぐ伸びている木は「糸杉」と言ってイタリア固有の木で多く見られました。

DSC00059

DSC00063

こんな素敵なコテージに二人ずつ泊まりました。

DSC00070

イタリア研修旅行記 1

「行ってきます!」から「ただいまー」。全員無事に8日の夜葛巻に帰って来ました。

飛行時間片道12時間、現地六泊七日、全部で八泊九日の旅でした。イタリアではローマ二泊、フィレンツェ郊外一泊、ヴェネツィア二泊、ミラノ一泊

の日程でした。

今回の旅のテーマは“本場のジェラートを食べること”と“農家民泊”でした。その目的は達成されましたが、それよりも何よりも酪農家の女性達がどこからの支援もなく自分達で自主的に海外旅行を企画、海外へ飛び出していったことが最も意義のある事でした!

ミラノにて ドウオーモの前で

IMG_0206

ヴェネツィアのブラーノ島にて

IMG_0190

ヴェネツィアの歴史あるホテルの窓から ピーターパンでも飛んできそう!

DSC00080

旅立ちの日の朝は一面の雪

今日(3月31日)夢だったイタリア研修旅行に出発します。昨晩から降り続いた雪で、今朝は一面の銀世界。

DSC00006

明日から4月だというのにビックリ‼です。

DSC00009 (1)

一年以上前から準備してきました。ついにその日が・・・・ いまも信じられません。

酪農家の女性達の海外旅行、とてもハードルが高くやっとこぎつけました。

一人一人の行こうという決断、28年続く毎月の積み立て、これも40年余りつづく仲間づくり(よつば会)のたまものです。

よつば会最後の“ラストビッグイベント”です。それでは「行ってきます」

 

 

 

 

 

味噌フレーバーが大のお気に入り‼

昨年の秋口に一人の男性が来店しました。

「お味噌はいつから出ますか?」とお尋ねになりました。「お味噌は基本冬のフレーバーです。収穫物がない冬にお出ししています。」

先日しばらくぶりに彼にお会いしました。もちろん味噌のご注文。「もう何回かお味噌お食べになりましたか?」「3~4回食べました。冬しか食べられないし、ここでしかたべられないので。」なんと嬉しいお言葉!

「それは良かったです。」すると今度は彼が「いつまで味噌はありますか?知人に是非食べさせたいので」と・・・・

「来月中はお出しします。ぜひどうぞ!」こんなに気に入ってくださるなんて本当に嬉しいです。

作り甲斐があるというものです。